昔々あるところに

昔々あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました
おじいさんは山へ芝刈りに
おばあさんは川へ洗濯に行きました
おばあさんが洗濯をしているとそこへ・・・


昨今札幌西区に、おじいさんとおばあさんが住んでいました
おじいさんは海に魚釣りに
おばあさんはお菓子工場に薔薇見学に行きました

おじいさんは
大きなウグイと
見たことのないカレイを釣りました
こんな大きなウグイも珍しいから
家に持って帰っておばあさんに見せてあげようと思いました
uguitoisimoti.jpg

ウグイは食べるのが難しいので
持って帰る人は少ないのですが
おじいさんはシャケ釣りの餌にしようと考えたからです

カレイの方は本で調べてみると「オショロカレイ」らしいことがわかりました
顔が左にあるカレイです
「食用としては利用されていない」と書いてあるので
残念ながら、美味しいカレイではなかったようです



おばあさんは
帰る途中の古本屋で
ローマと日本のお風呂がテーマになった漫画本を買いました
romae.jpg

ずっと前から読みたいと思っていた漫画でしたが
なかなか安くならないので買わずに迷っていましたが
ⅠとⅡ巻が105円になっていたので、ようやく買う決心がつきました

ところがこちらも残念なことに
家に帰ってからよく見ると
Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ巻を買ったつもりで
Ⅰ・Ⅰ・Ⅲ巻を買っていました


だからそれが何?って

えっと・・・
自立と節約がまだ上手にできないという
ちょっと残念な隠居夫婦のお話でした

2013-09-20 17:50 : 家族のこと : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

本当にあった腹の立つ話1

これはマムの実の妹の話である

マムの妹だから、それなりに年をとっているおばさんである
おばさんのやることだから
世間から多少冷やかな目で見られるのはしょうがないのではある
が…
お買い物をすれば3時間までただ、という大型スーパーの駐車場の出口でのこと

いつもなら日々のお買い物に3時間もかけることはないのだが
この日は眼科の診察を受けたので、いつもより時間がかかってしまい
300円の追加料金がかかってしまった、のだ、そうだ

そういう時に限って小銭が切れているのである
財布の中には一万円札しかなかった、らしい
(自慢じゃないがマムの財布の中に、一万円札が入っているほうが珍しいけど)
千円札もなくて、小銭入れを別に用意してないなんてところも
我がズボラ姉妹、主婦としての心得が足りないと言われれば、それまでである(笑)
で…
財布の中を探してかき集めた小銭は290円
10円足りないのである(汗)

バッグの隅々まで探している間に、後続の車が来てしまった

さらに車の中も探す
ところが、どんなに探してもあと10円が見つからない(泣)
その間、後ろに並ぶ車の数は増えていく

焦る
でもやっぱりないものはナイ

「ごめんなさい」をしようとして係の人を呼ぼうとしたが
駐車料金の精算機に普通ついていそうな
呼び出しボタンや内線電話らしきものがついてない

「電話どこ?」さらに焦ってあたりを見回すと
運転席に座ったままでは手の届かない少し後ろに電話があった

しかし
車は精算機にぴったりついて止まっているから
簡単には出られない

車を動かそうにも
前には車止めのバー
後ろには何台も車がびっちり止まっていて
車自体が前にも後ろにもピクリとも動けないのだ

そして後ろには明らかにイラついている後続車のドライバーの顔が見える
身の細る思いで20センチほどの隙間からようやく抜け出して電話を手にとる



 「もしも~し」

妙にのんきなまったりとした女の人の声
 「はーい、こちらは〇〇センターでぇ~す」


 「すみません、どうしても10円足りなくて
 後で必ず持ってくるので、いったん出してもらえませんか」(この時点では、呼べばすぐ係の人が来てくれると思っている)

女の人(以下交替で)
 「どこからお電話いただいてますか~?」

 「えっ?駐車場です…」(何言ってんのよ!駐車場に決まってるでしょ~と叫びたい気持ちを堪える)

 「それはどちらの駐車場ですかぁ~」

 「○○ー〇ーカドーの駐車場に決まってるでしょ、これ内線じゃないの~?」(訳わからない)

 「どちらの○○ー○ーカドーでしょう」

 「札幌のよ~」(さらに訳分からない)

 「札幌のどちらでしょう?」

 「○○のよー」(ようやく、札幌からはるかかなたの、どこかのセンターにつながっていることを理解する)

 「札幌の○○の〇〇ー〇ーカドーの駐車場ですね、そのどちらでしょう?」

 「そのどちらって、何と何のー?」(声一オクターブ上がる)

 「西口と東口があるんですが、そのどちらでしょう」

 「そんなもん、わかんねーよ」(悲鳴)

 「困りましたね~、では~、そこから何か見えますかぁ~?」(相変わらずのんき)

 「え、駅っ、駅が見えます!」(わらにもすがる気分)

 「あ~はぁーい、わかりましたぁー、そこは札幌の〇〇のぉ~〇〇ー〇ーカドーの東側の出口ですねー」

 「わかんないけど、そういうことでいいから~」(頭沸騰寸前)

マムの推測だが、ここまで10分くらいなものであろうか
しかし、駐車場の出口で10分待たされるは後続車にとってもかなり迷惑な話である

 「では、後日〇〇〇〇に不足分の10円をお振込みください」

 「はい、なんぼでも振り込みますっ!」

そうして、住所氏名電話番号を告げたところでバーが上がり
妹は何とか駐車場から抜け出だすことができたらしい

後日、10円振り込むのに振込手数料が300円かかったとか

冷静な状態で考えれば
きっと10円くらいなら、訳を話せばどなたか恵んでくれただろうと、マムは思う
その時買い物した、お菓子かなにかをお礼にさし上げれば
気持ちよく受け取ってくれただろう、と思う
しかし、パニックに陥っている時
そんなことを思いつく余裕はないだろうなあ…

この後、妹が教訓としたことは
1.小銭は必ず用意してから車に乗る
2.このスーパーでは二度と買い物をしない
さて、どちらでしょう

2014-06-01 14:15 : 家族のこと : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

本当にあった腹の立つ話2

自分の不手際を棚に上げて、まったく反省しようとしない姉妹には天罰が下るのです
これは前回マムの妹がトラぶった駐車場と
同じ駐車場での出来事

皆様
お買い物をしなくても2時間までただという有料駐車場のチケットは
どのようにされているでしょう

老夫婦の生活必需品のお買い物に
2時間以上かかることは、まず、ありません
そういう時はこんな風に
sIMGP1235
運転席の上にあるサンバイザーがあるでしょ
ここに挟んで車の中においていきます
持って歩けば出るとき必ず、どこにしまったかわからなくなり
後続車に迷惑をかけるからです



ところがこの日ダディは挟む場所を間違えました
ここ、いつも挟む場所の裏、鏡の蓋の隙間
sIMGP1237
これが悲劇の始まりでしたー

チケットをとろうとしたダディ、もういい年ですから
指先の感覚もかなり鈍ってるんですよー
引っ張り出そうとしたチケットを隙間の中に突っ込んでしまいました

慌てて、引っ張り出そうとすればするほど
チケットは奥深く入ってしまいまして

取り出し不可能に…

で、その間、お約束のように、どんどん後ろに車が並んでまして
前にも後ろにも動けなくなりました

でも、チケットがないんだから清算できません
そういう時は係の人に事情を話して
バーを上げてもらうしかないですよね

ダディ
 「電話!電話はどこだ」

マム
 「あ~嫌な予感…」
本当にその精算機には普通ありそうな場所に電話がついていないのです
マムは妹の話を思い出しました

マム
 「後ろにあるって言ってたよ」
振り返るとそこに電話があり
不幸中の幸いか、ダディの手は電話に届きました

ダディ
 「もしも~し」

まったりのんびりの女の人の声
 「はぁ~い、こちらは〇〇センターでぇ~す」

ダディ
 「チケットが取れなくなっちゃったんだけど、どうしたらいいですか」

女の人
 「???なくしちゃったんですかぁ~?」

ダディ
 「イヤ、なくしたんじゃなくて、取れなくなったんだ!」

って言われても、向こうの人だってすぐに状況読めないとは思うのですが 
しばらく間をおき、発した第一声がやっぱり…ちょ~スローテンポな声で
 「そこはぁ~どこですかぁ~?」

ここからは前回の妹のお話と同じような押し問答がしばらく続きました
違ったのはダディの対応です

センターの女性は相変わらずマニュアル通りにことを進めようと
 「そこはどこですか~?」を繰り返しています

こちらは焦っているのです
後ろにたくさん車が並んでいるのです
少しでも早く解決したいのです
そして、年とともに、人の怒りの沸点は下がるのです(ここ重要ですよー)

焦る気持ちを逆なでされているような口調と
状況を端的に伝えられないジレンマで
ダディの怒りはその低い頂点に達してしまいました
そして
 「もういいっ!」と
大声で怒鳴って電話を切ったかと思うと
車体からサンバイザーを引きちぎってしまったのです

そのサンバイザーをものすごい怪力でこじり空け
鼻息荒くチケットを取り出し
勝ち誇ったように高らかにチケットを天にかざして
精算機に投入
バーは即座に上がりました

後日、このサンバイザーにかかった修理代は
おまけしてもらって4000円


マムは
この年になってダディの意外な一面を見ました
そして、いくつになっても夫婦には新しい発見があるんだなと思った事件でした

2014-06-14 19:12 : 家族のこと : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

見えると怖いもの

注文の1
マムはいつも「忙しいフリ」をしています


注文の2



注文の3
自分でやれよっ!

写真に撮ってみるとー
ゴミだけじゃなくて~
普段見えないものが見えてくるんですよねー
自分の顔のぉ~シミとか~シワとか~たるみ、とか~・・・・・・・・・・
きゃ~~~~~


2014-11-28 10:02 : 家族のこと : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

let it go オフレコ

子供のころ「大きくなったら漫画家になりたい」と思ったことがある程度、のワタクシですが
気が付くとちょっと大きくなりすぎておりました
友人に影響されブログという発表の場があることに気づき
どうせなら漫画描いてから死のうと思いたった
お絵かきソフトに触れるのもこれが初めてというド素人です

そんな調子で
いじめっ子や~ね~くらいの軽い気持ちで描き始めた「let it go」
何とか昨年中に終わることができて心底、ほっとしているワタクシです

この人最後どうするつもりなの~って心配になった人いらっしゃったでしょう
皆様からアドバイスなど頂きながら
1.フジサワがあっさり転校する
2.学校中が乱闘騒ぎになる
3フジサワの.お父さんが事故で亡くなる
などなど・・・いくつかの結末を考えましたが一生のうちこんなに頭使ったことはないと思います
ほんと、苦行でした(笑)
しかし、おかげですごく楽しかったのと~
自分の実力の伴わない分不相応なテーマに安直に手を出してはいけない
という教訓を身に着けましたよー

(皆様、うすうすお察しだったとは思いますが)ワタクシの気持ちとしては
「一番楽に終われそう」な1の「フジサワがあっさり転校する」でほぼ固まっていたんですよー
それが、ちょっとした番狂わせがありまして~年甲斐もなくファイトしちゃったんですね
いや~もう「あたしってバカじゃないの?」とか笑いと涙がとまらなくて~
こんなの面白かったことはそうそうありません
数少ない読者の皆様、感謝しておりますよー


ところがねえ、な~んと
もう一つ本人も想像しないオチがあったのですよー

最終回を描き始めたところでー
パソコンがうんともすんとも動かなくなっちゃったの~
まだ2年も使ってないパソコンですよー
ファイルが壊れた?何それ?みたいなー
機械音痴のワタクシにはどうすることもできなくなっちゃいましてー
最終回を描くことなくワタクシのブログはこんな形でおわるのかと絶望の淵へ・・・

ダディ曰く
「でも、これが一番面白いオチじゃない?」って・・・(本当にその通りなんだけどね)
何とかパソコン復活させてくれたんですよね・・・しくしく

そんな中
最後まで捨てきれなかったオチがこれ
せっかく描いんだからおまけでアップしちゃいましたー
let iti go 51


let iti go 52



let it goふなっしー1



let it goふなっしー2



let it goふなっしー3
「すこーしも寒くないわ」は必須ですけどね


2015-01-06 17:52 : 家族のこと : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

5年ぶりのキムチ

最近、自分でキムチをつける人も少なくはないと思いますが~
ほとんどプロじゃないのっていうお友達に刺激され
ワタクシも5年ぶりにつけてみました

今回はイカの塩辛のみを購入
他は自宅にあるもので賄いました
s-IMGP5287.jpg
煮干しとこんぶとカツをでだしを取り

大根、ニンジン、ニラ、リンゴ、にんにく、しょうが他いろいろで
s-IMGP5291.jpg
ヤンニョムを作る
(この材料の違いがその家庭ごとの味になるんでしょうね~)


我が家はマンションなので
薔薇の越冬でも悩みますが
お漬物や野菜の保管にも苦労します
室内では温度が高すぎてあっという間に発酵しちゃうし
ベランダに出すと凍っちゃうんですよね~
大量につけると保存する場所がないのです
こういうとき快適なはずのマンションライフも、ちょっと不便なんですよー

ある程度まとめて作った方が
本当はおいしいんだろうけど…やむなし!ってことで
白菜半分を
一口大の大きさに刻んでから塩漬けに
s-IMGP5327.jpg
こうするとちょうど冷蔵庫に入ります

白菜がしんなりしたら
半日くらいほして余分な水分を抜きます
s-IMGP5326.jpg
あ、そうそう
その梅ちゃんセンセイが教えてくれたのですが
日本産の白菜は韓国産の白菜と品種が違って
水分が多いのだそうですね、水分抜くひと手間が大事みたいですよ

出来立てをちょっとつまみ食い
s-IMGP5294.jpg
うん、結構いいんじゃない?

今までワタクシのキムチ
全体に水っぽくなるのが悩みの種でした
だしを取った後白玉粉を入れて一煮立てさせると
ヤンニョムがのり状になって白菜との絡みがよくなるそうで
次回はそこ、忘れないようにしよ~っと

ああ、楽しかった~



にほんブログ村





2016-02-22 15:18 : 家族のこと : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

そろそろあれの季節です

姫路から帰ってきたら、こっちは大雪で慌てたものの
ここ数日は少し暖かいので、冬支度はいったんお休み
じゃあってことで
今年もキムチ作り始めましたー

だしは贅沢に使う
s-IMGP7335.jpg
それから冷蔵庫にある材料を探す

ダディは「酸っぱくなった漬物は嫌いなんだよね~」
「水っぽいのも嫌なんだよねー」
とか、いろいろわがままを言うので
s-IMGP7344.jpg
白菜は一度に半玉づつつけます
そして、水きり、重要


s-IMGP7336.jpg
だから大根の水もしっかり切る


自分が嫌いな作業は
ダディに任せる
s-IMGP7338.jpg


あると思っていた「にら」がなかったので
(ワタクシはなくてもいいんだけど)
s-IMGP7347.jpg
「にら好き」なダディ自ら買いに行く(けしてパシリではありません)
で今年はにら増量(笑)
ついでに「梨」も買ってきてくれたので追加する


ワタクシのヤンニョムには粘り気が足りない気がするので
今回は白玉粉を使ってみた、もっと多くても良かったかもしれない
そういえば
キムチ屋さんが「水あめ」を入れるといいよって、いってたなあ
ワタクシは(チョーが付くほどの)辛党なので
甘くなりそうな気がして、まだ使ったことはないんだけど…



で、出来立てのキムチ
s-IMGP7357.jpg
浅漬けっぽいけど、このとげとげした感じも意外に好きで


今日のお昼
s-IMGP7368.jpg
このやる気が、毎日続かないというところが、またミソで…


ワタクシが台所にいる間、絶対にそばを離れないみゆ様ですが
さすがに唐辛子の匂いは苦手だよね
s-みゆ独り言2
ちょっと不機嫌なご様子



さて、綱渡り状態のニュードーンだけは
s-IMGP7326.jpg
妹の庭に避難しました~
雪が降るまで、風よけして
雪が降ったらこのまま埋めちゃいまーす






にほんブログ村




2016-11-16 14:17 : 家族のこと : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

自分が怖い

三日ほど前の石屋製菓
ツル薔薇の囲いも外され
誘因と剪定が始まっておりました
s-IMGP7663.jpg

シュラブもほぼ剪定済み
s-IMGP7655.jpg

おとといまで冬がぶり返したかと思っていたら、昨日から急に暑くなって
今日のベランダの温度は
最高25度
最低10度
温度計
この乱高下には人間のワタクシもついていけません

と言いながら、昨日の久々の陽気につられて
小学高時代の友達と昼から飲んだくれている間に
今朝見てみたら
こんな感じになってました

ダービー
ダービー
写真に写っていない枝の芽もかなり出ています

マサコ
マサコ
すごいパワー・・・・
喜んでいいのか悪いのか見当がつかない


名無し399
名無し
しんしん様ご指摘の通り枝の上部が枯れ始めました

こいつがやばい・・・
株元の芽ががんがん動き始めて
枝の上部からじわじわと枯れてくるやつ
(そして最後に根元の芽も落ちるのよー)
これ、毎年、我家定番のものすんご~く嫌なパターン
きゃああああ~
ヤッパリ水やり早かったのでしょうか~~~~


で、なんか・・・
もう・・・
鋏を手に取ってしまいそうになる衝動を抑えることができません
誰か私を押さえつけていてください(涙)



2017-04-16 10:52 : 家族のこと : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム

我が家の姫たち

みゆ

ソマリ ナイスバディな「お姉ちゃん」
趣味:食べること、寝ること
性格:クールで責任感がある(?)我が家の中で自分が一番偉いと思っている  ダディ派
任務:ダディの仕事を邪魔すること(主に釣りの仕掛け作りをしているとき)

らら

ソマリ 女の子
趣味:遊ぶこと
性格:ビビり、おっちょこちょい、マム派
任務:マムの仕事を邪魔すること(主にお花いじりをしているとき)

プロフィール

Author:みゆらら
もういい年のおじいさんとおばあさん
出来た時更新のため読み逃げ歓迎です
気楽に遊んで行ってくださいませ
コメントの返事も遅めですが、ナイスな突っ込みお待ちしています

ダディ(メカ担当、趣味ギター、釣り)
マム(漫画担当、妄想ガーデナー)

「釣りのこと」登場猫たち

美しいお母様

たぶん主様のお母様
時々姿を現す

主様

浜を仕切る猫
ネズミを捕まえるのが上手らしい
どこかへせっせと魚を運ぶ猫

妹君→改め 姉君 

たぶん主様の姉妹 あまり姿を現さない

さび

主様の娘
2013年生まれのちび猫たちのお母さん♀

2013年生まれの猫
サバ白

女の子

フリーエリア

隠居の独り言(仮)
漫画のみのブログにしたいと思っていますが苦戦中

ちょっとおしゃれなサオリのスタンプ s-s-スタンプ20YES
も出来ました~