ベランダにて

ガーデニングも初心者です

2012年の春はこんな感じでした
最初は

秋はこんな感じ
バラもそろそろ終わりです
10.11ベランダ


自慢できるほどではないけれど
けっして条件のいいベランダではないのに、咲いてくれてありがとう

今年印象に残ったのは

咲いてみるまでどんな花か、わからなかった「ホワイトジーンバーナー」と
ホワイトジーンバーナ2

初めて咲いた小さな花を見たときは、なんだ、これ?と思ったけれど
いつしか魅了されていた「ベティプライヤー」
ベティプライヤー

去年の冬を乗り越えてくれた「ヘリテージ」
ヘリテージ


今年の冬も無事越えて、来年はもっとたくさん咲いてくれますように
2012-10-13 15:34 : 花のこと1 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

そろそろ冬支度

北国のマンションでバラを育てている皆様~(そしてお庭をお持ちのロザリアン様も)
いかがお過ごしですか~
ベランダガーデナーにとって、一番苦悩の季節「冬」がやってきますよ~

実は私、まだ一度もベランダでの越冬、成功したことないんですねー
今回はなんとかベランダで冬越しさせたいと思っているのですが
正直言って、何をどうしたらいいのかわかりませ~ん


ちょっとわかりにくいですが「イングリッシュヘリテージ」
ヘリ11.6

「ピーチブロッサム」
ピー11.6

とりあえず、オベリスクから枝をはずしてみましたが

一人でオベリスクを持ち上げながら、隙間から枝を抜く作業は、けっこう辛い!
手がもう二本欲しいと思いました(誰かに手伝ってもらえば、すむ話なんですけど)
来年は、はずす時のことも考えて誘因しま~す

で、この先どうするかは、まだ思案中(で、そこが一番重要)


これは今年の春、新苗で買った「ピエール・ド・ロンサール」ですが
ピエールドロンサール新苗

これが秋の状態
今年購入したバラの中で一番調子の良くないバラでした
(ピエールなら、もっと大きくなりますよね~)
ただでさえ条件の良くないベランダの、一番条件の悪い場所に置かれていたから、だと思います
敗因は「ダメになるバラもあるだろうと」欲張って多めに買ってしまったことか、と…
みなさん、買うときは、ベランダの広さも考えて買いましょうね~
ピエール11.6
で、これだけを室内で越冬してみようかと…

「失敗する」方に一票、かなぁ


2012-11-07 20:37 : 花のこと1 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

冬囲い終了

ベランダで育てるのは無理なんじゃ?という友人の助言もあったのに
どうしても育ててみたかったポールズヒマラヤンムスク

5月に届いた時は、こんなにちっちゃかったんですね
ヒマラヤンムスク苗


11月、本当に大きくなるんですね~
ヒマラヤンムスク


支柱をはずしました
枝が柔らかいので思ったより扱いやすいです(でも棘がすごいです)
ヒマラヤンムスク2


2・3日中には、札幌でも初雪が降るというので、冬囲い始めましたが
ご近所さんはまだのようですね~あわてる必要はなかったかな?
冬囲い2


勢いで全部やってしまいました
冬囲い


新米ガーデナーはどんなにがっちりやっても、不安で仕方がありません
無事、越冬してくれますように~


2012-11-15 19:23 : 花のこと1 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

北国のベランダにも春が来た

北海道のガーデナーの皆様~お元気ですか~~~
待ち遠しかったお花の季節がやってきましたよ~
狂喜乱舞するマムで~す


4月の後半、一度外しかけた冬囲い
もう一度、囲い直して昨日までこの状態
ホント、長い冬でした(涙)
7376_20130509172503.jpg


しかしワタクシ、初めてのベランダ越冬ですし(ウソです、何度も失敗しています)
越冬した経験がないので、枝を見ただけじゃあ
いったいどれが枯れた枝で、どれが熟した枝か、さっぱりわかりません

そんな素人ですから
芽が出ているものしか、生きているという判断ができないので
その基準で越冬確定発表します

真っ先に確定したのがクレマチスのハーグレイハイブリット(号泣)
IMGP7401.jpg


春一番に咲くというクレマチス・フォステリー系のカートマニー・ジョーとペトリエイは
一昨年、我が家に来て一度も花を咲かせることなく、たぶんご臨終
いいんです。狭いベランダですから、ダメになるものがないと次にいけないし(負け惜しみ)
でも過去に二度、死んだと思っていたクレマチス・モンタナ系を処分したことがあるので
もうちょっと様子を見てみます
が、内心、南半球出身の植物は、私には難易度高いのかも?と思い始め
もう手を出さないことにしました(そういうのも成長ってことにしてください)


IMGP7400.jpg
昨年、種から育ててみた宿根カスミソウの芽も出てました


これは去年、室内で青々とした葉をたくさん残したまま越冬したけれど
夏の間ほとんど花を咲かなさかったイングリッシュヘリテージ(今年3年目)
今年はたくさん咲いてくれること祈ります
でも、枯れているように見える枝が「たくさん」あるのが「ちと」気になるんですが…
どれが枯れ枝なのか、さっぱりわからないので
しばらく剪定せずこのまま行っちゃう作戦で…
IMGP7410.jpg


同じくイングリッシュローズのルドゥーテ
枝のところどころ、黒いのが気になりますが…その上に芽があるような気もするし…
どうせ、どうしたらいいのかわかんないんだから、これも気が付かなかったことにします
IMGP7411.jpg


で、でも、すごく、うれしいー(って、まだ咲いてないんだけど…)
越冬に成功しそう、ってことだけで今のところ満足です
過去一度、順調に冬を越しつつあったのに、遅霜で全滅したことがあり
それ以来ガーデニングにくじけていたのですから

これ以外には
4月に芽を出していたにもかかわらず、その後の寒さで芽が黒く萎れてしまったバーグマンやら
芽があるまま枯れたように見えるフロリバンダや
不確定要素がいくつかありますが、とりあえず大きな山は越したのではないかと一安心
あ、まだ「リラ冷え」の恐怖がありましたね(学習しなきゃ)
5月20日(ころ)を過ぎるまでは油断できません
みなさん毎日天気予報を見て、一緒に一喜一憂しましょうね~
「ドッキドキ・札幌ベランダ新米ガーデニング報告・2013年春編」でした


追記
日照不足(狭いベランダゆえ、強健をあてにして一番条件が悪い場所におかれていた)で
成長が思わしくなく、苦し紛れに室内にいれたピエールと
お気に入りのフロリバンダ(春先ベト病にやられて成長が遅れたもの)は
すでに越冬失敗が確定しています(泣)

2013-05-09 16:59 : 花のこと1 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

バラ全滅

去年我が家のベランダには、9鉢の薔薇がありました
マンションですから、いろいろ決まり事があります
いつか何かでクレームが来るんじゃないかと、びくびくしながら育てていました
その時の様子がコレ
IMGP2132.jpg

2・3の鉢は去年の秋の段階で
北海道の長い冬を越せないだろうとあきらめておりましたが
ほかの鉢はすこぶる順調に
今年たくさん花をつけるであろう枝をすくすく伸ばしておりました

その愛すべき薔薇たちは・・・・
今年の6月の段階でほぼ全滅です

4月冬囲いの中をのぞいてみると、青々とした枝を保っていました
IMGP7353.jpg

今年こそ越冬成功する、絶対の自信をもってGW後に冬囲いを外しました

自体の悪化はそれからです
いつまでたっても上がらない気温に
日に日に枝は褐色化し、出ていた芽も黒くしおれていくのです
もう一度冬囲いをするのがいいか、ここで寒さに慣れてもらうのがいいかと迷いながら
じっと薔薇たちを見つめ続けた1か月間

ほかのことは何にも手につかないし
ダディには八つ当たりしまくるし
そういう時って何をやっても裏目に出るし、もう人生の終わりだわ~くらいに落ち込んで
それは、それは、つらい一か月でした

地元の園芸店のおじさんのお話では
「あ~、もうちょっと辛抱したらよかったね~」だったそうです
やっぱり、早かったんです、囲いを外すのが~
「あるいは、もっと早くから寒さに慣らすか、だね~」って
そんな高等技術を持っていれば苦労はナイです(号泣)

同じように札幌のマンションのベランダで、何年も上手に薔薇を育てている人もいるんですよね
なぜ、私だけできないのでしょう
悔しくて、悔しくて、食事ものどを通らなかったんです、ほんと
頭の中で、繰り返し響くのは
「引っ越したら?」(そんな金はナイ)
「どこかに畑を借りたら?」(そんな遠くまで行く体力はない)
「じゃ、いっそ薔薇やめたら」(そんなさみしいこと言わないで~)

答えは全部ノーですよ
何回失敗したって、やりたいことはやるんですっ!
やりたいことやれなくなったら、女がすたるんですっ!(200%の負け惜しみ)

でも少しだけ、考え方を変えることにしました
その年買った薔薇が冬までの間、咲いてくれたらいいことにしよう(ツルはあきらめました)
回転早い分、いろんな薔薇が育てられてラッキーってことにしよう(ちょっと強引だけど)
なにより、できないことを学んだ、それが大きい成長なのよぉぉぉぉぉ~~と

ってことで、懲りもせず
今年もまた3つ、買っちゃいました(ああ・・・また悪夢の始まりかも・・・)



でも・・・
お気に入りだった、イングリッシュヘリテージ
IMGP2242.jpg
もっと写真撮っておけばよかった(涙)

ニュードーン
IMGP2099.jpg


ホワイトジーンバーナ
IMGP2989.jpg

君たちの、あの透き通った薔薇色が忘れられない、きっとまたいつか買いそう(涙)


ただ一つの救いは、この悪条件を乗り越えて伸びてくれている
クレマチスのハーグレイ・ハイブリット
IMGP7573.jpg
正直言ってこれ一番手抜きな冬囲いだったんですけど
それが良かったのかもしれません・・・


IMGP1948.jpg
バーグマンもさようなら~

2013-06-05 16:13 : 花のこと1 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

ベランダ2013年春編

北国の、午後からの西日しか当たらない
強風吹きつける高層マンションの中層マンションのベランダで
また今年も始めてしまいました。ああ・・・

散々失敗したので、もう越冬は期待しないことにして
(薔薇には申し訳ないと思いつつ)
今年じゅう咲いてくれればいいやってことで
近所のホームセンターで、その時手に入る、安価で、すぐ咲きそうな薔薇で妥協することにしました
(私にだって、いろいろ理想はあったんですよ~、と遠くに向かって叫んでみる)
ベランダ6月1

ミミエデン(ホームセンターで購入)
買った後、友人が去年次々にだめにしたと聞き、嫌な予感
やっぱり!6月に入ってからうどん粉病が蔓延
たくさん上がっていたつぼみを泣く泣く切り落として
ヤクルト水散布(我流)と有機肥料をたっぷり入れると、何とか持ち直したようで
残っていたつぼみがやっと開きました
ミミエデン2

切り落とした枝にはすぐに芽が出てきて、四季咲性はいいようです
花もちがいいのと、思ってた以上に花が可愛いので、ちょっと得した気分です
これで耐寒性があればなあ~~(いや、耐寒性のあるバラだってだめだったんだけど・・・)
ミミエデン1

ピンクサクリーナ(〇印種苗センターで購入)
うどん粉病には強いということだったけど、6月上旬若干出ました
がそんなことはものともせず咲いてます(それが強いってことなんでしょうか)
名前のごとく桜のようにハラハラ散っていくので
(マンションですから)毎日掃除しないといけませんが
その分、次々咲いてくれるのでしょうか?今後に期待です
ピンクサクリーナ1

一番期待のジャスミーナ(ホームセンターで購入)
つぼみは上がってますが、咲くのはまだまだ先のようです
この薔薇が遅咲きなのか、春の低温のせいなのか、わが家の日当たりが悪いせいなのか
3番目のような気はしますが・・・・咲いてくれれば良しとしましょう
返り咲きらしいですが、わが家で2回咲くかどうかは、微妙~
ジャスミーナ1


今年購入したクレマチスのミケリテの一番花
ミケリテ2
今まで薔薇にしか目が向かなかったんですが
クレマチスは冬の管理も楽そうだし
薔薇よりも花もちがいいので、もしかすると北海道のベランダ向きかもしれません
唯一越冬したハーグレーハイブリットが咲くのも楽しみです


こんな我が家で3年目を迎えるローズマリーですが
(あ、すみません、薔薇とクレマチス以外は越冬の勘定に入れてません)
ローズマリー1
なんだかキツキツな感じが・・・
そろそろ鉢増しした方がいいでしょうか?
この後ホームセンターへ行ってきます

2013-06-27 12:23 : 花のこと1 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

悲惨なハスカップ

丈夫で育てやすいんじゃなかったのかハスカップ?

5月中旬、ホームセンターで買ってきて
根を崩さずそのまま鉢に植え替えてから
ウンともスンとも言わないまま、気が付いたらこんなになっちゃってまして
よくよく緑の手には縁がないらしい自分に、落ちる肩
悲惨なハスカップ
このずぼらなあたしが、ようやく重い腰を上げて土の入れ替えを決行
狭いベランダですからね、よっぽどのことがなかったら土の入れ替えはしたくないんですよ
(って、そこがだめなのね)
掘り返してみると、なっ、なんと!元の土と新しい土が、全くなじんでないじゃぁ~ありませんかぁ!
古い土を落としたくても、根が、固まった赤玉土(それとも粘土?)を
がっちり抱きかかえていて、ほとんど土を落とすことはできませんでした
あきらめて、下の方から伸びている根腐れした根を切り落としただけで
もう一度そのまま一回り小さい鉢に投入

いったい、何が悪かったのかな~
この先、どうすればいいのかな~(お手上げ)


こちらは大玉トマト
大玉トマト1
ちょっとわかりにくいですが、葉の先が丸まってねじれています
調べてみるとこっちは「肥料過多」らしいです(ぐっすん)
表面にあった肥料を取ってそのまま様子を見ます


ふたつのクレマチス
唯一越冬したクレマチス(ピンクの方)
色はイメージと違ったけれど、文句を言ったら罰が当たる
越冬したうえ、咲いてくれただけでヨシ
ミケリテ(紫の方)は思った以上にいいお色。我が家のお気に入りランキング上昇中
ぜひこれも越冬してほしい

サクリーナ
ピンクサクリーナ
微妙・・・・
同じ一重でも去年のベティは魅力的だったのに・・・なんか、ちょっと、物足りないのは、なぜ?


うどん粉ミミエデン
相変わらずうどん粉に悩ませられているミミエデン
鉢増せず、このまま終わるかも
でも花持ちは本当にいいんですね
バラがこんなに長く咲いているとは思わなかったです


強風のベランダ
で、本日は台風みたいな強風アンド突風がゴーゴーうなってます
この風の音がマムは怖いのよ~、早くやんでチョーだい!
鉢たちはできるだけ風の当たらない場所に避難しましたが~
ミニトマトのアイコの花のついた太い枝が、2本折れてました、ひ~

2013-07-03 09:50 : 花のこと1 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ごめんねハスカップ

前回
両手握りこぶし大の粘土がっちり抱いていた根は、見なかったことにして
ベランダの片隅に追いやられたハスカップ
(その時の状態は「悲惨なハスカップ」からどうぞ)
狭いベランダだから嫌でも目に入るわけで・・
どうせだめになるんだからと
諸先輩の皆様のブログを頼りに危ない橋をわたる決心

もう一度、鉢から引っ張り出し
水を張ったバケツでジャブジャブと根を洗い(無茶は承知)
一回り小さいポットに植え替え
再びベランダの隅に追いやられ、なるべく目に入らないように(私がいじるから)

その時バケツに残った土は田んぼの土みたいだったけど
もしかしてそっちだったの?だったら我が家の土が合うわけないよねぇ・・・
などという一抹の不安も残したまま

それから2週間後の姿がこちら
悲惨なハスカップその後
前回かすかに残っていた葉っぱの緑色は完全に退色
薔薇がこの状態だったら、まずだめですよね


・・・・・

花も咲かず
実もつけず
もちろんジャムになるなんて夢はかなわぬまま
ご臨終
私なんかに育てられてごめんねハスカップ・・・


で、処分しようと、思い切り引っこ抜きましたよ
そしたら
まだ根は生きていたんですよ(たぶん~~)
うわ~ん、またやっちまった~、なんで長い目で見守ってやれないんだ~

やっぱり伊達に北国に自生してるわけじゃないのかも、ハスカップ。です
問題は、ワタクシの忍耐力のなさであることが判明


2013-07-22 11:02 : 花のこと1 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

お悩みミミエデン

さてこちらは、もう一つの懸案事項
6月中旬から7月下旬という長期に渡りうどん粉祭りだったミミエデンも
いったん終息したように見えますが・・・
ミミエデン3

あいまいな記憶で申し訳ないんですけど
うどん粉病って
「温度が低くて」(それって何度?)
「乾燥してると出る」(じゃ、北海道はうどん粉天国?)
でも別な本には「湿度が高いと出る」って書いてあったよーな気もするし~
最近見た本には「30度を超えるといったん止まるけど涼しくなるとまた出る」そうで
「ホウ素(だったかな?)が欠乏すると多発する」みたいなことも書いてあった、ような気がする
(あ~ほんとに不確かな記憶だらけですみません~)

我が家のミミエデンのうどん粉がどうだったかって言うと
6月中旬、最低気温が15~20度くらいで出始めまして
はじめのうちはヤクルト散布でごまかしてました
(誰かが初期のうちならこれでいけると書いていたので真似をして)

ヤクルト散布して
イソジンで拭き取り作戦も決行しました
それなりに効果があり一番目の花は半分ほど咲きました

が、7月に入って最高気温が連日30度を超すようになっても
収まる気配はなく、上がってくるつぼみたちのみすぼらしいこと・・・(泣)
ヤクルト&イソジンでは追いつかなくなってきました
うどん粉ミミエデン

おまけに褐斑病もあちこちに
(昨年ニュードーンがこれにやられたときは、すぐには病気だと気が付きませんで
かなりの間、放置してしまいました!)
で、ようやく決断
ミミエデン一つに大げさですが
長袖、長ズボン、靴下、手袋、顔にタオルまいてゴーグル装着という完全装備
(この身支度が面倒くさくて、つい先延ばししちゃうんですよね~)
薬をまき二番目のつぼみはすべて落としました

で、最後の
ホウ素って何?微量要素?ってことは活力剤でいいのかな
何もしないよりはいいだろうってことで
活力剤と有機肥料どっぷりまいてみました


それから一週間
3番目の芽がいい感じで出てきたじゃありませんか~ヨッシャ~
ミミエデンその後


と言ってる先から
今日はいきなり10度も温度さがちゃってぇ~

寒いよ~

気持ちは

暗いよ~

またうどん粉祭り始まりそうで

怖いよ~

咲いてくれるって気がしませ~ん(悲)

2013-07-25 11:26 : 花のこと1 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :

ベランダ2013年夏編

恥ずかしながら
ガーデニングのセンスがあるとは言えない、このワタクシのベランダでも
咲いてくれたお花はあったのです
といっても越冬したのは藤色のクレマチスだけで
ほかのものは買ってきて並べただけですから~
ガーデニングというより、アレンジといったほうがいいかもしれませんネ(笑)
7月のベランダ


7月も後半になってようやく咲いたジャスミーナ
遅咲きなのかなぁ
初めのうちは本で見るようなピンクが出ませんでした
あわてて肥料を足してやると色が出てきました
ジャスミーナ3


夕日の当たった薔薇もイイでしょ
夕日のジャスミーナ


アリウム
ねぎの種類だったかな、よくわからないまま育ててましたけど
意外な掘り出し物
球根で越冬するらしいけれど、さてどうなるかお楽しみ
アリウム


シャンテ・ロゼ・ミサト
すごい豪華なこと、さすがデルバール
misato500j.jpg
買ってきて1週間後にはこの咲き方
やっぱりプロはちがいますねえ~
いま2番花のつぼみが上がってますが、ちょっと小さめです
(秋にはミミエデンと一緒に咲いてくれるかも~)

さて、このミサトは
ケチなワタクシが大奮発して買った
我が家では貴重なブランドバラですからね~
95%の確率で失敗するのが見えている我が家で越冬にチャレンジするか
妹の家の庭に移すか、もう「すっごく」悩んでいます
手放したくなーい。でも越冬させたーい
冬まではこの煩悶を楽しんでみます


おまけ
オニヤンマ
札幌で初めて見ました
たぶん「オニヤンマ」じゃないでしょうか
写真が下手でごめんなさい

2013-08-13 11:53 : 花のこと1 : コメント : 7 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

我が家の姫たち

みゆ

ソマリ ナイスバディな「お姉ちゃん」
趣味:食べること、寝ること
性格:クールで責任感がある(?)我が家の中で自分が一番偉いと思っている  ダディ派
任務:ダディの仕事を邪魔すること(主に釣りの仕掛け作りをしているとき)

らら

ソマリ 女の子
趣味:遊ぶこと
性格:ビビり、おっちょこちょい、マム派
任務:マムの仕事を邪魔すること(主にお花いじりをしているとき)

プロフィール

Author:みゆらら
もういい年のおじいさんとおばあさん
出来た時更新のため読み逃げ歓迎です
気楽に遊んで行ってくださいませ
コメントの返事も遅めですが、ナイスな突っ込みお待ちしています

ダディ(メカ担当、趣味ギター、釣り)
マム(漫画担当、妄想ガーデナー)

「釣りのこと」登場猫たち

美しいお母様

たぶん主様のお母様
時々姿を現す

主様

浜を仕切る猫
ネズミを捕まえるのが上手らしい
どこかへせっせと魚を運ぶ猫

妹君→改め 姉君 

たぶん主様の姉妹 あまり姿を現さない

さび

主様の娘
2013年生まれのちび猫たちのお母さん♀

2013年生まれの猫
サバ白

女の子

フリーエリア

ちょっとおしゃれなサオリのスタンプ s-s-スタンプ20YES
出来ました